成瀬ダム堤体打設工事 鹿島・前田・竹中土木JV

東成瀬村の紹介

東成瀬村について

成瀬ダムのある村 東成瀬村とは

東成瀬村は、秋田県の東南端に位置する人口約2,600人の村です。
東は奥羽山脈を境に岩手県に、南は宮城県に接しています。
東西17km、南北30kmと細長い地形で、総面積は203.69km2。そのうち山林原野が93%を占める緑豊かな村です。

東成瀬村 概要

名称
秋田県雄勝郡東成瀬村
人口
2,543人(平成31年4月30日現在)
面積
203.69km2
アクセス
・電車
JR奥羽本線 十文字駅よりバス
JR東北新幹線・東北本線・大船渡線 一ノ関駅よりバス
・自動車
東北自動車道 一関ICより約60分(冬期通行止め)
       水沢ICより約60分(冬期通行止め)
湯沢横手道路 十文字ICより約40分
・飛行機
秋田空港より秋田エアポートライナー「栗駒号」
地図
改ページ

村章

村章

村の東の「ひ」と成瀬の「成」を組み合わせ図案化し、村民の融和と力強い村勢の発展を表徴する。
(昭和42年5月制定)

村の木 杉(秋田杉)

村の木 杉(秋田杉)

村の花 ヤマユリ

村の花 ヤマユリ

村の虫 ホタル

村の虫 ホタル

村の鳥 ヤマドリ

村の鳥 ヤマドリ

村の魚 イワナ

村の魚 イワナ
改ページ

東成瀬村の特徴

特徴1

教育力の高い村

独自の小中連携、高い授業参観の出席率、全国平均4倍以上の児童1人に対する図書費予算など、東成瀬村は学力・教育に非常に力を入れている村です。こうした取り組みとその成果により、東成瀬村は「学力日本一の村」と呼ばれるようになりました。
その評判は各地に広がり、日本国内の教育関係機関はもちろんのこと、海外各国の教育視察団、さらにはユネスコ関連団体までが視察に訪れています。

教育力の高い村

特徴2

「日本で最も美しい村」連合

「日本で最も美しい村」連合は、「小さくても輝くオンリーワンを持つ農山漁村が自らの町や村に誇りを持って自立し、将来にわたって美しい地域であり続ける為に活動しているNPO法人」(「日本で最も美しい村」連合ホームページより引用)で、東成瀬村は2009年に加盟しています。
栗駒国定公園の一角をなし、きれいな湧水を有し、ホタルやイワナなどの生き物がくらす、自然豊かで美しい村です。

「日本で最も美しい村」連合

特徴3

仙人修行を行える村

東成瀬村は「仙人の郷」とよばれ、毎年夏に「仙人修行」というイベントも行われています。3日間かけて座禅や滝行、村の散策などの様々な「修行」を積みます。すべての修行を終えた最終日には、仙人認定式が行われます。

仙人修行を行える村合
改ページ

東成瀬村の主なスポット

栗駒山/焼石岳

岩手県、宮城県、秋田県、山形県にまたがる広大な山岳国定公園である「栗駒国定公園」。村の南部にある栗駒山と北部にある焼石岳は、この栗駒国定公園に属し、ともに日本二百名山にも選定されている山です。豊富な高山植物が自生し、秋には絶景の紅葉を見ることができます。

栗駒山/焼石岳

須川温泉/やまゆり温泉

村の南部にある須川温泉は、「強酸性みょうばん緑ばん泉」としては湧出量国内2位。一方で村の北部にあるやまゆり温泉は、「アルカリ性単純硫黄温泉」で国内3位のpH値を記録。どちらも国内では貴重な成分を誇る特徴的な温泉です。

須川温泉/やまゆり温泉

不動滝 ほたるの里公園

「仙人修行」のハイライトの一つである滝行が行われる滝。近くには、成瀬川が大きくうねるダイナミックな景観が望めます。夏にはゲンジボタルの美しい光の乱舞が見られます。

不動滝 ほたるの里公園

フォトギャラリー

東成瀬村

東成瀬村

東成瀬村

東成瀬村

成瀬川

成瀬川

赤滝

赤滝

不動滝

不動滝

冬の小安峡

冬の小安峡

栗駒山の紅葉

栗駒山の紅葉